カードローンとは個人向けの無担保融資のことをいいます

 

カードローンとは個人向けの無担保融資のことをいいます。担保を付けることなくお金を貸すのがカードローンなので、個人での信用を重視しているローンということになっています。そのため、誰でも借りることがしやすい自動車ローンとは違って、審査状況によっては借りることができないことも少なくないです。そういう理由から気軽にカードローンは借りられないと言えます。でも、定職に就いていて安定した収入がある人なら申し込みが可能だというところはカードローンの利点の一つと言われています。近年では、10万円の限度額カードローンがあるので学生や主婦なども作ることができるカードローンが増えています。また、昔よりも審査が厳しくはなくなっているのは確かなので利用の幅は広がっているのが現状です。カードローンには特徴や仕組みがあります。そもそもローンを大きく分けると二つの種類があり、目的ローンとフリーローンがあります。厳密にいくとカードローンとフリーローンは少し違っているところがありますが、カードローンは資金使途が自由ということがあるのでフリーローンになります。

もう一つの目的ローンとは資金使途が限定されるローンのことをいい、主に自動車ローンや教育ローンなどです。フリーローンは資金使途が限定されていないので、目的ローンよりは金利が高くなっています。カードローンは金利が高いが何にでも使えるのがカードローンの基本となっています。もう一つの特徴は限度額内であれば何度でも返したり借りたいすることができるところです。返済方式が色々ある中で利用残高に応じて、毎月決められた額を返済し続ける残高スライド定額リボルビング方式が今は主流になっています。そのことからカードローンは毎月返済を続けている限り、限度額であれば、何度でも引き出しをして使えることになります。もちろんのことですが利用残高がゼロになってしまったり、利用を全くしてなければ返済の発生はありません。

カードローンの審査が厳格に行われる理由とは

 

カードローンを利用する場合には審査を受けるのが通常ですが、特に銀行系の場合には銀行と保証会社から二重に審査を受ける必要があります。保証会社は銀行の子会社や消費者金融業者、信販会社が務めているのが一般的です。消費者金融業者や信販会社は自らカードローン事業を展開するだけでなく、ノウハウを活かして保証会社としての役割も担っています。銀行系のカードローンは消費者金融系や信販会社系と比較して厳格な審査が行われますが、その大きな理由は融資限度額と金利にあります。銀行系の場合には貸金業法が適用されず、総量規制の対象外とされます。消費者金融系や信販会社系の場合には貸金業法が適用されて総量規制の対象となるため年収の3分の1を超える融資を行うことができません。しかし銀行系は総量規制の対象外となり融資限度額に法的な規制がないため、高額な融資が可能です。無収入の専業主婦は消費者金融系や信販会社系のカードローンを利用できませんが、銀行系であれば融資を受けることができます。

また一般的にカードローンの金利は最低の場合に約年2%、最高金利は18%に設定されています。銀行系の金利は安い傾向があり、最高金利が10%以下に設定されている場合もあります。融資額が高額となり、金利が安いほど審査は厳格に行われます。消費者金融系や信販会社系は銀行系と比較して融資限度額に法的な制限があり金利も高いため審査基準は緩やかです。一方銀行系の場合でも年収や勤続年数など一般的な審査基準を満たしていれば審査通過はそれほど困難ではありません。最短で即日融資を受けることができる場合もあります。消費者金融系や信販会社系でも条件を満たせば即日融資が可能ですが、融資額が高額になるほど審査は厳格に行われます。基本的に融資の申込みに所得証明書は不要です。いずれのカードローン会社も融資額が一定額を超える場合には所得証明書の提出が求められる場合があります。

色々ある消費者金融や著名な銀行の中には

 

カードローンの借り換えにおいても、間違いなく返済していけるかどうかを見るために審査が行われます。そしてそのローン審査に合格しなければ、借り換えをすることは不可能だと言わざるを得ません。ここ最近のキャッシングの申込方法は、パソコンや携帯などを利用して行うのが常識になってきましたが、専用の自動契約機を用意している銀行や消費者ローン会社なら、自動契約機を使っての契約申込も選ぶことができます。銀行が提供しているカードローンは、原則として300万円を上回らなければ収入証明書不要なのです。消費者金融と比較検討すると、その部分では簡便だと言ってよいでしょう。昨今はキャッシングの申込方法もいろいろあり、自分自身の生活パターンや家計事情に合った方法が用意されているので、非常に柔軟性が高くなったと言えそうです。カードローンを調査してみますと、各々異なる特徴が見られ、金利や融資限度額は言うに及ばず、目に見えている基礎的な情報だけでは、比較するのは容易ではないと考えます。

カードローン会社が設定している金利に関して言うと、簡単に数値を確認して比較するのでは片手落ちで、実際に契約した際に確定する金利に目をやることが必要不可欠です。CMなどでもおなじみの無利息キャッシングとは、一定の期間内だったら無金利でお金を借りられるサービスで、規模の大きい消費者金融などが新しいお客さんを呼び込むために推進しているわけです。キャッシングの申込方法は数多くありますが、主流となっているのがオンラインでの申し込みなのです。個人情報の入力から審査結果の表示、本人を確認するための書類提出まで、全部ネットを通して実施できます。カードローンの借り換えをする場合は、当然ながら低金利なところを選ぶことが必要です。苦労の末に借り換えたところで、かつてのカードローンの利子と寸分違わないのでは借り換える意味がありません。高い評価を受けている消費者金融をランキングの形にして公開しております。いずれの業者で融資してもらうべきか頭を抱えてしまっているなら、是非とも参考にしていただきたいと思います。総量規制というのは、過剰な借金を防ぎ、一般消費者を守ってくれる存在として認識されていますが、「総量規制に引っかかってしまうと、全然キャッシングできなくなる」ということはないのでご安心ください。

色々ある消費者金融や著名な銀行の中には、斬新な「無利息貸付」を前面に打ち出しているところも少なくありません。この全く新しいサービスで資金調達すれば、規定の期間内は無利息になります。消費者金融をランキングにて紹介しているネットサイトは諸々見受けられますが、ご自分が求めるものが何かにより、目にするべきサイトは違って当然ですので、その点を明確にするべきでしょう。借り入れ実績についての信用情報のチェックを行うことで、「この人に融資を実行したとしても返済することができるかどうか」を判定するのがカードローンの審査なのです。原則として銀行が扱っているフリーローンは低金利で、借り入れできる金額にも貸金業法による規制はかかりませんから、ある程度高額の融資を希望する人にぴったりです。